中性脂肪を下げる方法

脂質異常症の治療について

医療の専門家の間では、高中性脂肪血症、高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症のことをまとめて「脂質異常症」と呼ぶことがあります。

 

これについては、日本動脈硬化学会が2007年に公表した指針に基づいています。

 

この以前には、中性脂肪、総コレステロール、LDLコレステロール(悪玉)の何かの数値が基準より高いケース、または善玉のHDLコレステロールの値が基準より低いケースを総称として「高脂血症」としていました。

 

しかし、善玉コレステロールについては低い数値なのに高脂血症という「高」の付いた病名で呼ぶのは間違った印象を与えるのではという意見もあったようです。

 

脂質異常症の診断基準に関しては、中性脂肪150mg/dl以上、またLDLコレステロールは140mg/dl以上、HDLコレステロールは40mg/dl未満が目安となっています。

 

脂質異常症や高脂血症の治療を行う場合に、手始めに食事療法や運動療法を主体とした方法が導入されます。

 

次に、食事療法と運動療法を用いても低い成果しか出ないという場合に、薬物療法に取り組むことになります。

 

食事療法と運動療法は、各人の症状やほかの病気などに合わせて、専門的プログラムが作成されます。

 

薬物療法になると、中性脂肪が高い場合にはフィブラート系薬剤(ヘザトールなど)を主とした薬剤投与がなされます。

 

LDLコレステロールが多い患者には、スタチン系薬剤(クレストール、リピトールなど)と脂質吸収抑制剤(ゼチーアなど)がメインとして用いられます。

 

これ以外にも、魚由来の成分でエイコサペンタエン酸(EPA)というものを精製した医薬品も有効なものとして用いられます。

 

薬物療法で中性脂肪値が改善されても、元の食生活や運動不足の状態に後戻りしてしまわないよう努力を続けましょう。