中性脂肪を下げる方法

中性脂肪を下げる食事

中性脂肪については、元来の備蓄エネルギーとしての目的に用いる量だけに抑え、多く余ってしまうことのないようにしておくのが最善です。

 

中性脂肪値がかなり高いことが既に分かっているのなら、それ以上の悪化を防ぐために直ちに食生活の見直しを検討するべきです。

 

まず第一に、食事の頻度、時間帯の見直しをしてみましょう。

 

いつも朝ごはんを食べていない人や夜遅い時間に晩ごはんを済ませる人は、中性脂肪が増えやすい体と言えます。

 

食事は朝昼晩の3回食べて、朝と昼の比重を重くしましょう。

 

夕食は可能なら早い時間帯にとるようにし、量も多くなりすぎないように気をつけましょう。

 

それでは、食事の中身についても再検討してみましょう。

 

原則的には通常のダイエットに必要な点と同じで、脂質や糖質を多く含むものを摂らないよう注意が必要です。

 

これに加えて、中性脂肪をなくす働きをする食材をどんどん食べることで、さらに効果的な食生活の改善ができます。

 

魚介類のうちイワシ、ニシン、サバをはじめとするものには、特にエイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)などがたくさん入っています。

 

EPAやDHAは不飽和脂肪酸のひとつに数えられ、肝臓で中性脂肪が作り出されるのを鈍化させたり、血液中にある中性脂肪の減少に関わる作用を持っています。

 

納豆についてですが、ナットウキナーゼという名前の酵素が含有されています。

 

ナットウキナーゼの特徴としては、血栓にアプローチして分解する働きがあり、ドロドロの状態の血液をサラサラの状態に改善します。

 

豆類や海藻類の特徴は、カロリーは少ないのに対し食物繊維は非常に豊富だという特徴があります。

 

また、食物繊維は脂質や糖質を取り込んで体外へ排出する働きがあります。

 

他にも、特保認定が下りているような食品の利用も心がけるとよいでしょう。

 

ただし、中性脂肪の数値が危険値であるのなら、専門の医師による食事療法を行うことになるでしょう。