中性脂肪を下げる方法

中性脂肪が低過ぎるのも危険です

ダイエットやメタボリックシンドロームに注目が集まっていることから、中性脂肪というのは少なければ少ないほどよいと考える場合が多いかもしれません。

 

でも、中性脂肪値は、過度に低い場合も健康に対する害となることがあります。

 

中性脂肪は、体のエネルギー源となり、体温調節を助けたり、皮膚や臓器をクッションのように保護するという重要な役割があります。

 

ですから、中性脂肪が一切ないような体というのは、生命を失いかねない状態といっても良いでしょう。

 

中性脂肪値が異常に低いという人のケースでは、次のような異常が表れる場合があります。

 

エネルギー源の不足では、食事からのエネルギー補給ができない場合や激しく運動したときに、倒れる人が多い傾向があります。

 

体温調節機能に支障をきたすと、熱を生み出して体を温めたり、逆に体温が下がるのを留めることがスムーズにできなくなります。

 

それで、低体温症や熱中症になりやすい傾向があります。

 

衝撃緩和機能が働かないと、軽い打撲でも体内に大きな損傷を負いやすくなるのです。

 

それでも、中性脂肪が若干少ないという程度だとすると、それほど心配することはありません。

 

ダイエット中という場合は、栄養が少し足りないサインだと理解し、脂質や糖質を適量補給しましょう。

 

また痩せ型の方ですと、元々の体質で、普通より中性脂肪値が低い人がいるのです。

 

そういった方が、食事から無理に脂質を摂ろうとすると、それが消化器官にとっては重荷となり体調に影響を及ぼす場合もありますから注意しましょう。

 

また、急激に中性脂肪の数値が下がるという場合は、特定の病気との結び付きが心配されるようです。

 

健康診断を受けた際の数値から気がかりなことがあるなら、躊躇せずに医師に相談するとよいでしょう。