中性脂肪を下げる方法

有酸素運動で中性脂肪を減らそう

中性脂肪を解消したり蓄積を未然に防ぐには、口から取り入れる量を減らし、運動を行うことでどんどん消費させることが求められます。

 

運動はあまりしたことがなく苦手な人は、まずラジオ体操や散歩などからでも日々わずかでも運動をする癖をつけるようにしましょう。

 

そして、体を動かすことに慣れてきたら、次のステップとして有酸素運動に挑戦しましょう。

 

有酸素運動という運動は、運動のうち多量の酸素を体内に摂取しながらする類を言い、中性脂肪を効率的に減らすのに役立ちます。

 

気楽にチャレンジできる有酸素運動としては、ウォーキングやジョギングだけでなく、サイクリングや水泳があります。

 

有酸素運動をする場合には、まず、足首などの体の関節を軽く動かす体操をし深呼吸をしましょう。

 

そして運動を始めたら、その最中にペースを落としても構わないので、30分間程度はストップすることなく継続します。

 

それは、運動エネルギーが初めは筋肉中のグリコーゲンから、そして糖質、それから脂肪という消費の順番があるからです。

 

それですので中性脂肪を効率良く燃焼させるためには、最低でも30分程度は続けなくてはいけないのです。

 

運動したあとは、体の汗をよく拭き取り水分をたくさん補給するようにしましょう。

 

慣れないうちはサボりたいと考えたり、運動の時間を逆算して早起きすることを苦に感じたりする人が多いようです。

 

それでも運動を続けていって体が軽いと思えるようになれば、気持ちの余裕もできますので、楽しく運動できるようになるでしょう。

 

ちなみに、ハードな運動は良い効果が期待できないだけでなく、体に負担をかけトラブルを起こす可能性もあります。

 

太っている方は特に、どのような運動をどれくらい行うのが適切かということを医師に聞いてみるのが無難でしょう。