中性脂肪を下げる方法

肥満のタイプについて

肉類が主体の献立構成や脂質・糖分の摂取が多い生活のために、中性脂肪が過剰になり、肥満になっている人が多くいます。

 

肥満というのは他の病気にもつながりますので、2008年4月からいわゆる「メタボ健診」も始まっています。

 

メタボ健診を受けてみて、生活習慣病などの傾向があると結果が出たときには、特定保険指導をしてもらうことになります。

 

特定保健指導については、肥満を数種類のタイプに分けてからぴったりの対策を提案されることがあります。

 

そこで、肥満のタイプというものを把握しておくようにしましょう。

 

どちらかというと女性がほとんどのタイプで、洋梨タイプとはどういったものでしょうか。

 

体の上半身は気にするほどではないものの、腹部やお尻、腰、太ももに皮下脂肪が多く付く肥満で皮下脂肪型肥満と表現されることもあります。

 

この肥満のケースでは、中性脂肪の過剰摂取、さらに運動が少ないことが主要な原因です。

 

次に、中年の男性がなりやすいりんごタイプを見ていきましょう。

 

りんごタイプは内臓脂肪型肥満のひとつで、余分な脂肪が腹部をはじめとする上半身に溜まりその部分が膨れて見えます。

 

この他の内臓脂肪型肥満としては「隠れ肥満型」と言われることもあり、脂肪が肝臓などの臓器の周りに溜まるというものです。

 

肝臓で生成される中性脂肪というのは脂肪細胞に溜まることにより、内臓脂肪型肥満の主要因と考えられています。

 

隠れ肥満型の場合なら、体脂肪率を測定すればすぐにわかるのですが、肥満とは外見上はわからないこともありますから警戒しなくてはなりません。

 

続いて、現代病でもある血液肥満タイプを見ていきましょう。

 

「ドロドロ血液」とよく聞きますが、血液中に中性脂肪などの脂質が留まって起こる血液肥満の様子を表現しているのです。

 

ですから、肥満を防ぎ、また改善していくためには、中性脂肪の上手なコントロールが必要だといえます。

 

 


肥満のタイプについて関連ページ

高脂血症について