中性脂肪を下げる方法

高脂血症について

中性脂肪が体内に入り込むと、まず皮下脂肪へ蓄えられ、必要に応じてエネルギーとして使われます。

 

ただしこの量が許容範囲を超えると、余計な脂肪になってしまうこと以外に、肝臓や血液に溜まって健康に支障をきたしたりもします。

 

通称メタボ健診では、中性脂肪の値が150mg/dl以上の方を特定保健指導の対象としています。

 

この他、日本医師会の公式ページでは、やはり中性脂肪の値が150mg/dl以上であれば高脂血症であるかどうかわかる数値としています。

 

高脂血症は脂質異常症ともいわれ、コレステロールの量が多ければ「高コレステロール血症」と呼び、また中性脂肪値が非常に高い場合は「高中性脂肪血症」ということになります。

 

高脂血症を引き起こしていたとしても、腫れや痛みを中心とした自覚症状はないことが普通です。

 

それでなかなか気が付かずに、発覚した段階でようやく中性脂肪との繋がりを注目する人が相当数いるのです。

 

長期間高脂血症を無視し続けると、やがて動脈硬化を引き起こすだけでなく高血圧症のリスクを高めてしまいます。

 

高血圧や動脈硬化に関しては、それぞれがお互いを悪化させてしまう困った相互作用があります。

 

おまけに動脈硬化と高血圧というのは、脳梗塞などの脳血管障害また心筋梗塞などという心疾患を発症する原因ともなってしまいます。

 

さらに挙げられるのは、肝臓に溜まった中性脂肪が大量になると、過栄養性脂肪肝の原因になるといわれています。

 

さらには糖尿病や膵炎までも、中性脂肪が原因となる場合も少なくありません。

 

このように多くの病気につながる中性脂肪ですから、自分の体の兆候について定期的な健康診断を受けて知るようにしましょう。

 

そして、その値をダイエットの視点で見るというだけではなく、病気の傾向を見つけるためにも用いましょう。

 

 


高脂血症について関連ページ

肥満のタイプについて