中性脂肪を下げる方法

体脂肪とコレステロールについて

世間では中性脂肪と体脂肪とコレステロールの三つを、脂肪という括りで同一視されてしまうことも多々あるのです。

 

けれども、性質や働きについてそれぞれに異なる部分があることがわかれば、ダイエットをしたい場合にも助けになるでしょう。

 

中性脂肪については、体を動かす時にエネルギーに使用されることになりますが、多くなってしまうと体脂肪へと変わっていきます。

 

体脂肪というのは、人体に存在する脂肪のことで、皮膚の内側に溜まる、「皮下脂肪」と呼ばれるものと、内臓の辺りに溜め込まれる「内臓脂肪」が見られます。

 

体脂肪率とは体重に対して体脂肪がどのくらいなのかを割合で出したもので、体脂肪量÷体重×100で算出しパーセンテージで言い表します。

 

目安として体脂肪率の正常値は男性で15〜25%、女性で20〜30%の範囲ですが、それ以上になれば肥満と見なされます。

 

女性が男性と比較して値が大きいのは、妊娠や出産をする時に体脂肪が大事なものだからです。

 

コレステロールについてですが、これは男性ホルモン、女性ホルモン、細胞膜を成すのに関わる人間の体には欠かすことのできない脂質なのです。

 

たくさんの人が存在を知っていますが、コレステロールの中でも悪玉と呼ばれるLDLコレステロールと善玉のHDLコレステロールが挙げられます。

 

LDLコレステロールが悪玉とされているのはなぜかといいますと、増えてしまうと血管への沈着を始めるという特質が見られるためです。

 

反面、善玉と呼ばれているHDLコレステロールは、沈着を始めてしまったLDLコレステロールを失わせる役割を果たすのです。

 

このため、LDLとHDLのバランスが良い状態なら、LDLコレステロールも悪者にならずに済むのです。

 

LDLコレステロール(悪玉)の値は120mg/dl以上になれば注意しなくてはならず、善玉のHDLコレステロールは40mg/dl以上が求められています。

 

 


体脂肪とコレステロールについて記事一覧

高脂血症について

中性脂肪が体内に入り込むと、まず皮下脂肪へ蓄えられ、必要に応じてエネルギーとして使われます。ただしこの量が許容範囲を超えると、余計な脂肪になってしまうこと以外に、肝臓や血液に溜まって健康に支障をきたしたりもします。通称メタボ健診では、中性脂肪の値が150mg/dl以上の方を特定保健指導の対象としてい...

≫続きを読む

 

肥満のタイプについて

肉類が主体の献立構成や脂質・糖分の摂取が多い生活のために、中性脂肪が過剰になり、肥満になっている人が多くいます。肥満というのは他の病気にもつながりますので、2008年4月からいわゆる「メタボ健診」も始まっています。メタボ健診を受けてみて、生活習慣病などの傾向があると結果が出たときには、特定保険指導を...

≫続きを読む